あひるの空について

今でも読んでいる漫画があります。週刊少年マガジンで連載されている、あひるの空という漫画です。この漫画はバスケットボールを題材にしたスポーツ漫画となっているのですが、他の漫画とはかなり違っている点があります。あひるの空では内容が圧倒的にリアルに描かれており、漫画とは思えないほどの展開がいくつも存在しています。

主人公の空が通うこととなった九頭龍高校のバスケットボール部は存在はしているものの事実上、全く活動しておらずヤンキーの溜まり場となっていました。しかし、どうしても活動がしたい空はバスケの勝負に勝つことによりなんとか入部することができたのです。周りのメンバーも嫌々、付き合う事となりますが少しずつバスケと真剣に向き合うことになっていきます。よく見られる展開としてはこの弱小高校が強くなり、大会でも上位の成績を残すことが出来たり優勝することが出来たりといった展開ですが、あひるの空はここが違ったところで、かなり長い間負けが続きます。単行本でいうと二桁の巻数になっても負けが続くほどです。私にとってはこのリアル差がたまりませんでした。

上達が早くなったとしてもそんな簡単に勝てるというわけでもありません。そういった部分を繊細かつ丁寧に描いており、葛藤をも描いています。スポーツをしたことがある人の中でも優勝を経験したりしている方の方が圧倒的に少ないはずです。届きそうだけど届かないときのもどかしい感情を非常に上手く描いていると思います。バスケットボールが好きな人だけではなく沢山の人に知ってもらいたいと感じる漫画です。現在も連載中なので、今から見始めても少しずつ読んでいけば追いつく事も出来ると思いますので、ぜひ一度手に取ってほしいなと感じています。