ふるさと納税で食費節約&税金対策

お肉料理といえば豚肉か鶏肉かがメインになってしまう節約レシピ!

そして、毎月給料の明細をみてみると、驚くほど支払っている税金!

この2つを「ふるさと納税」というありがたい制度で、おいしいお肉を頂きながら、節約・節税してみませんか?

私もこちらを始めるまでは、めんどくさそうと思っていたのですが、初めて見ると、あら簡単。

楽天などを通してふるさと納税を行うと楽天ポイントも頂け、サラリーマンなど会社で確定申告を行ってもらえる方は、ふるさと納税も確定申告しなくてよくなった制度がありますので、かなり使い勝手は以前より良くなったと思います。

「ふるさと納税」で一番大切なことは、自分はいくらまで使えば控除されるか、ということ。寄付した金額全部が、来年の税金から控除されるわけではありません。所得などに応じて、3万円までの人もいれば、10万円以上の方もいます。

我が家は12万円までならふるさと納税を頼んでも、12万分ー2000円が来年の控除になるということでした。

「2000円」は控除金額がはみ出なくてもあらかじめ取られるお金ですのでご注意ください。

ですから、私は「これが2000円の価値があるか」ということを考えながら、ふるさと納税の返礼品を選びます。

最近選んでヒットしたのは、鹿児島県志布志市の豚肉こま切れ7キロが寄付金20000万円で頂けました。

寄付金20000円といっても、来年の税金から控除されますから、ほぼタダも同然です。

山形県河北町の牛肉1.5キロも寄付金1万円で注文し、久しぶりに我が家の食卓に牛肉が登場しました。

お肉代って、買い物をすると結構な出費になりますから、それが抑えられるのはかなり大きいですよね。

お米なども寄付金3万円で60キロというものもありますから、それこそ近所の方やご実家と協力して、いろんな物を頼んでは交換してみるというのも

おススメです。

最初は出費をしている印象を持ちますが、翌年の給与明細をみれば、ふるさと納税の分だけ引かれていませんから、その分だけ得したと考えらえます。

ですから、最初の費用は、費用ではなく「投資」として考えると、よりふるさと納税がしやすくなるのではないでしょうか。

モニターや懸賞なども当たればかなりお得ですが、確実に欲しいものが頂ける、しかもタダ同然の金額で、となれば、節約をしている方にとって「ふるさと納税」は願ってもいない制度だと思います。