陽気なギャングは三つ数えろ

伊坂幸太郎の「陽気なギャング」シリーズの第三弾です。

あとがきによると、シリーズの三作目だとわかった方が親切だという理由から、タイトルに「三」

を入れたとのこと。前作から九年ぶりの作品です。

陽気なギャングシリーズは、ウソを見破る名人の成瀬、絶対的な体内時計を持つ雪子、

天才スリ師の久遠、演説の達人の響野の4人がチームとなって銀行強盗を行い、その上で様々な

トラブルに巻き込まれていき、各々が知恵と能力を振り絞って何とか解決する話です。

現実なら、銀行強盗がこんな簡単に上手く行く筈はないのですがそこは物語、

いつもなめらかに成功します。ですが、いつもその後にトラブルが発生します。

第三弾となる今回も銀行強盗は成功するのですが…1.。

他人のプライバシーを面白おかしく掲載し、複数の人を破滅に追いやった実績を持つ記者・火尻に

運悪く出会ってしまったことからトラブルに巻き込まれます。

大衆の興味をそそるように大袈裟に煽り、嘘の記事を書くことも全く厭わない火尻に、四人が銀行強盗ではないかと

疑われた(決めつけられた)から、大変です。

大切な「普通の日常」を奪われるのは面倒だということで、四人は仕方なしに立ち上がります。それも飄々と。

ストーリーは、「そんなにうまくいくものか!」と思うことの連続ですが、これは娯楽小説。

伊坂幸太郎の中でも最もポップで、最も単純明快な本作品。

軽快な文体を楽しむにはもってこいです。その傾向は、シリーズが進むごとに大きくなっている気がします。